喜多方軽金属株式会社

企業PR

会津の地で鋳物事業の基盤をつくろう!
 連続融解炉・クラッチハウジングケース

喜多方軽金属株式会社は、アルミ鋳物の専門メーカーとして、常に高い目標を持って技術革新に取り組んでいます。お客様のニーズに沿った製品を、ハイブリッドな発想と高度な鋳造技術力で、世の中に送り続けます。製品の大きさ(数10g~50㎏)やロット数(数10ヶ~一万ヶ/月)には特にこだわりません。
【技術の特徴】
①JIS規格合金から開発合金まで多様な合金によって、ニーズに合致した鋳造製品を提供できます
②高度な溶湯処理技術及び金型温度制御技術により、高品質な鋳造製品を生産することができます
③CAD・CAEと蓄積した鋳造技術を基に、方案設計及び最適形状の提案ができます
④多種多様な金型鋳造機を保有し、広範囲な形状・大きさの鋳造製品の生産が可能です

企業概要印刷用PDFを見る

代表者五十嵐敦 所在地 福島県喜多方市字長内7840番地
ホームページ企業ホームページ 資本金 1億円
E-mailinfo@kitakata-casting.co.jp 操業年月 昭和45年2月
主業種輸送用機械器具製造業 従業員数 105人
TEL・FAX0241-22-1084 / 0241-22-1493 売上 25億円
認証資格等ISO 9001:2008、JIS Q 9001:2008
ISO 14001:2004、JIS Q 14001:2004
生産技術・加工技術アルミ砂型鋳造、アルミ金型鋳造
主要生産品目
(事業内容)
アルミニウム合成鋳物の鋳造
自動車(トラック)エンジン回り及び二輪車用ボディフレームを中心に、建設機械部品・電気機器部品等

保有設備機械

■溶解設備
・連続溶解保持炉 8基
・るつぼ炉 4基
■金型鋳造機 ( )内数字は対応可能型サイズ
・可傾型垂直式(1600×1500×500/500) 1基
・可傾型垂直式(1500×1200×400/400) 2基
・可傾型垂直式(900×900×250/250) 6基
・可傾型垂直式(750×750×250/250) 9基
■中子成型機
・反転排砂式シェルマシン 8基
■熱処理設備 10基
■含浸処理設備 一式
■X線検査装置 一式

製品・設備紹介

インレットマニホールド、インレットダクト、ウォーターダクト、フライホイールハウジング、ミッションケース、二輪車用ボディフレーム、キャパシタケース、油圧ポンプ部品、コンプレッサー用シリンダー類

マップ